領域略称名 : 高エネルギー天体


領域番号 : 268


平成10年度科学研究費補助金


特定領域研究 (A) 研究状況報告書


「超高エネルギー天体物理」

平成7年度 -- 平成10年度

平成10年8月

領域代表者 東京大学・宇宙線研究所・教授・木舟 正



電話 0424-69-9592

1. 領域全体の研究目標


周囲の環境と熱的に釣り合っていない極端に高いエネルギーが 系の一部に与えられる、 「非熱的平衡状態の高エネルギー現象」が 天体では稀ではない。 多くの天体について明らかになりつつあり、 むしろ普遍的な過程として宇宙で生起する基本的現象であるといえる。 この非熱的高エネルギー現象の直接的有効な観測手段は 最短波長の電磁波ガンマ線である。 観測の窓が最近開いた電磁波の最短波長領域、 高エネルギーガンマ線観測を中心的な手段として 天体の「非熱的平衡状態の高エネルギー現象」を 探求、解明する。 天文学と素粒子原子核宇宙線分野など物理学との学際領域を開拓する。

2. 領域内における研究組織と研究班の連携状況


二つの計画研究及びその推進を強化するための公募研究に加えて、 宇宙線研究及び理論的研究に関する公募研究がある。 領域全体を統括する 総括班による研究会の開催等による関連諸分野との連携を開拓してきた。



 
Table: 公募研究の採択(申請)件数
  平成7年度 平成8年度 平成9年度 平成10年度
A01: 計画研究 A 2(6) 2(5) 1(2) 1(4)
(最高エネルギー宇宙線)        
A02: 計画研究 B 5(20) 6(12) 6(13) 7(18)
(ガンマ線観測)        
A03: 宇宙線研究 8(20) 6(21) 8(28) 4(20)
A04: 理論的研究 9(23) 9(21) 8(18) 6(17)


3. 領域内の研究の進展状況とこれまでの主な 研究成果 4. 領域を推進してきた上での問題点と対応措置 5. 研究成果公表の状況 (主な論文等一覧)


領域全体の報告の集録(含公募研究等の個別研究)

1.
「高エネルギー天体研究会集録」(編 木舟 正) 各平成7、8、9年度について、 計3編。
2.
「高エネルギー天体理論研究会集録」 (編 高原文郎、木舟 正) 各平成7、8年度について、 計2編。
3.
``Neutron Stars and Pulsars'' (ed. N.Shibazaki, N.Kawai, S.Shibata and T.Kifune, Universal Academy Press, Tokyo), 1997.

計画研究に直接関連した論文

1.
``TeV gamma-ray Observations of Southern BL Lacs with the CANGAROO 3.8m Imaging Telescope''
M.D. Roberts et al., Astronomy and Astrophysics, 337, 25-30, 1998.
2.
``Discovery of TeV Gamma Rays from SN1006: Further Evidence for the Supernova Remnant Origin of Cosmic Rays''
T. Tanimori et al., Astrophys. J. Lett. 497, L25-L28 and Plate L2, 1998.
3.
``Observations of TeV gamma ray flares from Markarian 501 with the Telescope Array Prototype''
N. Hayashida et al., Astrophys. J. Lett. 504, L71-L74, 1998.
4.
``Extension of the Cosmic-Ray Energy Spectrum beyond the Predicted GZK cutoff''
M. Takeda et al., Phys.Rev.Lett. 81, 1163, 1998.
5.
``Detection of Gamma Rays of up to 50 TeV from the Crab''
T. Tanimori et al., Astrophys. J. Lett. 492, L33-L36, 1997.
6.
``Very High Energy Gamma Rays from the Vela Pulsar Direction''
T. Yoshikoshi et al., Astrophys. J. Lett. 487, L95-L98, 1997.
7.
``Inverse Compton Gamma Radiation of Faint Synchrotron X-ray Nebula around Pulsars''
F.A. Aharonian, A.M. Atoyan and T. Kifune, Monthly Notice of Royal Astronomical Society, 291, No 1, 162-176, 1997.
8.
``A Possible Correlation of Most Energetic Cosmic Rays Observed by AGASA with Super Galactic Structure''
N. Hayashida et al., Phys.Rev.Lett., 77, 1000-1003, 1996.
9.
``A Measurement of the Air Fluorescence Yield''
F. Kakimoto et al,, Nucl. Instr. and Meth., A 372, 527-533, 1996.
10.
``Very High Energy Gamma Rays from PSR1706-44''
T. Kifune et al., Astrophys. J., 438, L91-94, 1995.

Review 論文及び解説論文など

1.
``VHE and UHE Gamma-ray Astronomy in the EGRET Era''
T.C.Weekes, F.A.Aharonian, D.J.Fegan and T.Kifune, Proc. of 4th Compton Gamma Ray Observatory Symp. (American Institute of Physics Proc. 410, pp361-383, 1997.
2.
``Present Status of Very High Energy Gamma Ray Observations -- on Southern Sky Objects''
T. Kifune, Space Science Review, 75, 31-41, 1996.
3.
``Very High Energy Emission from Pulsars''
T. Kifune, ``Pulsars: Problems and Progress'' (Astronomical Society of the Pacific Conference Series 106, IAU Colloquium 160, Edited by S.Johnston, M.A.Walker and M.Bailes) pp339-346, 1996.
4.
「可視光で見るガンマ線? -- 堂平山からオーストラリアへ」
菊地 仙、木舟 正、 天文月報(日本天文学会), Vol. 91 No. 10, 印刷中、 1998.
5.
「超高エネルギーガンマ線天文学の歴史」
森 正樹、パリティ(丸善), Vol. 13 No. 8, pp14-20, 1998.
6.
「宇宙線起源の謎への挑戦」
谷森 達、吉越貴紀、 日本物理学会誌, Vol. 53 No. 8, pp600-604, 1998.
7.
「砂漠に宇宙ガンマ線を追う」
木舟 正、 科学(岩波), Vol. 67 No. 5, pp390-397, 1997.
8.
「新展開が予想される高エネルギーガンマ線天文学」
木舟 正、谷森 達、 日本物理学会誌, Vol. 50 No. 10, pp777-783, 1995.
9.
「高エネルギーガンマ線天文学の現状」
木舟 正、 天文月報(日本天文学会), Vol. 8 No. 3, pp105-110, 1995.


 
-->
WWW User
8/31/1998