CANGAROO II 望遠鏡の除幕と
CANGAROO IIIの発進

 
2000年5月9日ウーメラG領域において、オーストラリア大使高橋氏によりCANGAROO II望遠鏡の公式除幕が行われました。 式典はアデレード大学副学長・教授のメリー・ケーン氏により主催されました。 CANGAROO IIIと呼ばれる新しい望遠鏡システムの建設も開始されました。 施設は生徒児童を含め一般に公開されました。 これはオーストラリアの全国科学週間の一環として行われました。
 
 
除幕の瞬間…
中央に大使、左にブレーク博士、中央左に領域管理者のジョー・ヴァンホームレン氏。

 
20名のウーメラの生徒児童を含む80名の人々と、全国科学週間を担うアデレード大学の4名の説明者。
アデレード大学の副学長・教授メリー・ケーンと高橋大使。

 
重要人物:左から、
エドウィナ・コーニッシュ副学長代理、メリー・ケーン副学長、
高橋大使、 戸塚洋二東京大学宇宙線研究所所長、
木舟正教授、アリステア・ブレーク学部長。
アリステア・ブレーク博士と戸塚洋二教授(組織の長二人。)

 
 
 
 
 
高橋大使。

 
この式典に引き続き、ピーター・グレイ大使が主催して、5月24日夕刻6時に東京のオーストラリア大使館で、CANGAROグループの日本側メンバーや日本政府、東京大学、企業や報道関係者を招待してレセプションが行われる。

 
 
 
 

右にジョン・パターソン博士を加えた上掲と同様の写真。


This page last updated 18/05/00.

Web design by Chris and Tim Duggan (Japanese translation by Masaki Mori)